ななくに不動産販売注目キーワード

不動産仲介会社を選ぶ前に知っておきたい!マンガで分かる!不動産仲介会社の仕組み
知らないままではいられない!不動産購入時の”諸費用”の内訳は? 不動産を購入する際に、物件そのものの価格とは別に、”諸費用”を不動産仲介会社に支払います。この諸費用にはいったいどんなものが含まれているのか?支払った諸費用の額は適正なのか?このあたりのことは、なかなかお客様にはわかりにくいところだと思います。当社、ななくに不動産販売では、ご購入を検討されている段階で、必要資金総額を明記したお見積書を提示させていただきますが、他社では、説明がされない、もしくは足りないままご契約まで至ってしまうという事態も実際に起こっているようです。
あるご夫婦で当社を利用した場合の例
マンガ その1 マンガ その2
購入決定の後に発覚した諸費用、内訳を知らないままで大丈夫ですか?

マンガでは、夫妻は不動産仲介担当者の言われるがままに話を進めてしまいました。
インターネットなどでは、諸費用の金額を「物件価格の約8%」というように記載しているのを見かけますが、お客様の負担となるこの「諸費用」、内訳はどうなっていて何に使われている費用なのか?
本来は不動産仲介担当者がしっかり説明し、お客様に理解していただいた上で、購入をご検討していただかなくてはなりません。

でも!ななくに不動産販売なら!もちろん、お客様が購入をご検討頂く前に「資金計画表」を作成しご覧いただいております。

※ 資金計画書…物件価格+諸費用の必要資金総額のお見積書

マンガに出てくる不動産仲介業者より、さらに悪質な仲介業者は、住宅ローンを組む際の事務手数料や、契約書作成の事務手数料を上乗せして請求するケースもあります。
これは当然、宅地建物取引業法に違反する行為であり、本来、不動産仲介業者がお客様から受け取ることのできる報酬は、「物件価格の3%+6万円+消費税」までと上限が定められています。

でも!ななくに不動産販売なら!諸費用の内訳をお客様にわかりやすくお伝えします!
  • 約¥670,000 各金融機関の保証料
  • 約¥32,400 各金融機関の事務手数料
  • 約¥1,036,800 仲介手数料
  • 約¥30,200 印紙代金
  • 約¥350,000 登記費用
  • 約¥90,000 表示登記費用
  • 約¥130,000 火災保険
  • 約¥670,000/各金融機関の保証料(銀行・信用金庫・フラット35等)※ 金利組み込み型も選択できます。金利組み込み型の場合、保証料は必要ありません。

    住宅ローン利用時の金融機関の保証料とは、住宅ローンを借入する場合に、各金融機関の指定の保証会社へ保証をしていただく事を条件に、住宅ローンを組むことが可能になります。
    その際に、住宅ローンの借入期間を保証していただくための費用となります。上記条件の場合は、都市銀行の保証料計算額を基準に参照し、記載しましたので、住宅ローンの借入期間や頭金の有無、その他の条件等により増減いたしますので、詳細は当社の担当者までお気軽にご質問ください。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 約¥32,400/各金融機関の事務手数料(都市銀行)※ 金融機関により、事務手数料が不要の場合もございます。上記は都市銀行(みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行等)を利用した際の記載をしております。

    住宅ローン利用時に必要な、各金融機関の事務手数料です。ご融資の契約時の書類作成費用や、住宅ローン審査時の手続きを、金融機関の支店にご対応いただくために必要となります。
    信用金庫や他の金融機関によって費用の違いは多少ありますので、詳細はお気軽にご質問ください。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 約¥1,036,800/仲介手数料(不動産仲介業者がいただく報酬)

    仲介手数料とは、当社を含め、不動産仲介業者がお客様よりいただく成功報酬となっております。仲介手数料のご計算方法は物件価格に対し、3%+6万円+消費税(8%)となっております。
    詳しくはこちらをご覧になってみてください。
    上記の計算は、お客様よりいただける報酬額の上限を記載しております。某大手不動産仲介業者や、全国にある黄色のジャケットのフランチャイズ店の不動産仲介業者等は、仲介手数料の最大上限をお客様にご請求しているみたいですね。
    唯一、当社含め不動産仲介業者がお客様よりいただく費用が、仲介手数料になります。
    ここに当社と他社様との大きな違いがあり、多額な仲介手数料を支払わなくても、ご購入できる理由がありますので、ぜひこちらをご覧になってみてください。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 売買契約書貼付 ¥10,000 金消契約書貼付 ¥20,200/印紙代金

    売買契約書・金銭諸費用貸借契約に貼付する印紙代金です。
    あくまでも、3,000万円の売買契約と諸費用、約230万円の合計3,230万円の住宅ローンを組んだ場合の計算となります。納税義務者は、契約当事者である売主及び買主ですが、不動産仲介業者の所持する文書も課税対象になります。なお、住宅ローンの組み方によっては、印紙代が変動する場合があります。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 約¥350,000/登記費用(物件の内容や評価、建物面積等にもよりますので、概算です)

    登録免許税・登記簿謄本代・交通費等の総額のことで、どの司法書士事務所に依頼しても必要になるものです。また、交通費を除いて国に納めるものとなっておりますので、同様の物件の場合は司法書士事務所間で金額の違いはありません。ちなみに登録免許税とは、登記を受けることに対して課税される税金で、各登記ごとに税率や税額が決まっています。
    税金の他に司法書士事務所の手数料は必要となり、手数料は司法書士事務所によって様々です。
    過去のお客様の司法書士手数料を参考にしますと、10万円~15万円位の司法書士手数料が多いと思います。なお、上記の費用35万円とは、税金+司法書士手数料の合計額を記載しております。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 約¥90,000/表示登記費用

    表示登記費用は、表示登記を依頼した際に必要な費用になります。
    表示登記とは、不動産登記の一つで、ローンを組んだりする場合に必要となる所有権移転登記、抵当権設定登記などとは異なり、新築住宅を建てた際に、必ず行わなければならない建物の登記です。
    手続きをするのは土地家屋調査士となり、費用も土地家屋調査士に支払います。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

  • 約¥130,000/火災保険(保険期間10年)※ 保険内容や物件の内容により増減します。

    ご購入後は、火災保険に加入されることをオススメいたします。
    ご契約内容や銀行にもよりますが、どこの保険会社に依頼をしていただいても基本的には問題ございません。
    何かあった後では大問題になりますからね。上記の試算は、当社が代理店を務めます「あいおいニッセイ同和損保」にて試算しまして、火災保険期間10年で計算しました。
    ただ、他の諸費用も多く必要となるため、ご購入当初は2年保障で約2万円程の加入もできます。ご購入当初は他にも多大な費用が必要ですので、火災保険をお安く抑えることも可能ですよ。

    ※ マンション物件を購入する際には、管理費・修繕費の清算金も含まれます。また諸費用の他にも、固定資産税・都市計画税の
        清算金がありますが、こちらはお引き渡しの時期により変動しますので、お引き渡し日が決まり次第ご提示させていただきます。

諸費用は約200万~30万円と言われても、実際に内訳をみてみると、その用途は詳細に分かれています。今回の購入条件では、諸費用の合計は約2,339,400円となりました。
諸費用だけを見ても大変高額なことは間違いありませんので、購入をご検討の際は、不動産仲介担当者に見積りを依頼することをおすすめします。

この内訳を見てお気づきになった方も多いかと思いますが、お客様が支払う
諸費用の中でもっとも高額なのは、不動産仲介業者へ支払う仲介手数料なのです。
マンガの中のご夫妻はそうとも知らず、結局、腑に落ちないまま不動産仲介担当者に高額な仲介手数料を払うことになってしまっているのです。

そこで!当社ではTポイントを利用したお客様還元サービスを行っております!

※ 上記の諸費用説明の解説はわかりやすく抜粋している箇所もございますので、さらに詳しい内容については、
    当社スタッフへお気軽にご質問ください。

不動産購入にかかる諸費用は事前にしっかりご説明させていただきます!
  • 八王子店 詳細はこちら 042-620-5851 [営業時間]9:30~20:00 [定休日]水曜日
  • 相模原店 詳細はこちら 042-851-4952 [営業時間]9:30~20:00 [定休日]水曜日
お問い合わせはこちらから
  • 当社オリジナルサービス!Tポイントの賢い使い方!
  • 物件価格以外の諸費用について理解していますか?
  • 全部見せます!不動産仲介業者の実態!
  • 検討中
  • 問い合わせ済み
  • 閲覧履歴
会員登録はこちらから

会員でない方がこちらにストックした情報は、ブラウザを閉じた際に全て消えてしまいます。無料会員登録していただくと、ストックした情報を一定期間保持することが可能になります。

「検討中に追加」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ前の比較検討等にご活用ください。

「お問い合わせ」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ後の確認等にご活用ください。

詳細情報を閲覧した物件が順番に表示されます。物件をもう一度見たい場合等にご活用ください。

このページの先頭へ戻る